日焼けしたら

日焼けしたらどうしたらいい?悪化させない日焼け直後のスキンケア

日焼後,美白

家族と一緒に過ごす夏の間は、どうしても日焼けしがち

 

子供と海やプールにいると、自分に構っている余裕がないため頻繁に日焼け止めの塗り直しをするわけにもいかず、強い紫外線に肌がジリジリと焼かれるのを感じながら、長時間外で過ごす事もあります。

 

こんな日は家ですぐに日焼け後のお手入れをしたい所ですが、

 

実は、日焼けした肌に、通常のお手入れをすると、かえって肌が荒れてしまい、シミが出来やすくなる事があります

 

このページでは、肌にこもった熱を抑え、早く治すために気をつけたい事、ひどい日焼けの場合はすぐに美白化粧品を使ってはいけない理由など、日焼け後のケアについてまとめましたので良かったら参考にしてみてください

 

1:日焼けをしてしまった直後にすること

日焼け範囲に合わせて火照り冷やす

 

軽度の火傷を負った状態なので、肌は熱を持ってほてっています。放置すれば水分がどんどん失われて肌がガサガサになってしまいます。

 

そのため、第一に熱を下げる必要があります。

 

肌を冷やすには次のような方法があります。

  • 冷水シャワーを当て続ける
  • 氷水に浸す
  • 濡れタオルで包んだ保冷剤を当てる

日焼けがどのくらいの範囲に及ぶのかで冷やす方法を選ぶと

 

背中など広範囲にわたるのであればシャワーや水風呂がおすすめです。

 

ただし、水風呂に長時間浸かることで身体が芯から冷え切ってしまわないように注意してくださいね。

 

手足であれば、バケツに入れた氷水に浸しておくのが簡単です。

 

氷を直接肌に当て続けると凍傷を負ってしまう危険性があるのでこちらも気を付けてください

 

頬などに保冷剤を使用するときは、薄手のタオルやガーゼを濡らして絞ってから保冷剤を包んで使用すると、肌を優しく冷やすことができます。

 

2:日焼けした当日のスキンケアはどうすれば良い?

日焼けした当日、また火照りが続く場合のスキンケアについてです。

ローションでたっぷり水分補給

日焼け,化粧水

肌に残る熱をしずめたら、次に行うのはローションでたっぷりと水分補給をします。

 

日焼けを放っておいたら肌がシワシワになっていたという経験はないでしょうか?(私はあります

 

熱を逃がすとき、水分も一緒に肌から蒸発していきます。肌を正常に機能させるのに最も大切だと言えるのが水分

 

冷却が済んだあとも日焼け肌からは多くの水分が逃げていくので、外側から十分に水分を与えてあげましょう。

 

刺激の少ないローションを使用する

ここで気をつけたいのは、肌に優しいローションを使うこと。

 

日焼けした肌はバリア機能が低下していて、いつもの状態よりもずっと敏感になっています。

 

普段使っている化粧水にアルコールや添加物など刺激物が入っていないか確認してくださいね

 

肌につけたときにピリピリと刺激を感じるものは逆に肌を傷めてしまう可能性があるため、避けたほうがいいでしょう。

 

できれば敏感肌の人が使うような低刺激のローションや、消炎作用のあるローションが用意できるといいですね。

 

使用前に冷蔵庫で冷やしておくと、冷却と水分補給が同時にできます。

 

美白,ビタミンC誘導体

敏感肌専用だから、ほてった肌にも安心

 

ポーラオルビスグループ「ディセンシア」の敏感肌用美白化粧水

 

 

 

 

 

シートマスクやコットンを利用する

日焼け後、美白化粧水

肌の広範囲にローションを馴染ませるには、シートマスクやコットンを利用するのがおすすめです。

 

シートマスクやコットンがひたひたになるほどローションを含ませたら、肌にぴったりと沿うように貼り付けておきましょう。肌に水分がぐんぐん吸収されていくのが分かると思います。

 

足りないなと思ったら惜しみなくローションを足してみてください。

 

また、上からラップで覆うと水分の蒸発を防ぐことができます。コットンは薬局などで大判のものが売っているので、腕や足に使用する場合は大きめのものを用意しておきましょう

 

敏感肌用のクリームや白色ワセリンと、ラップの併用で早く治す

水分補給が済んだら、次はフタになる保湿剤を塗ります。

 

肌に優しい敏感肌用の乳液やクリームを塗る事をおすすめしますが、もし無い場合は、白色ワセリンもおすすめです。

 

ワセリンは赤ちゃんや肌が弱い人が保湿に使う、刺激の少ない優秀な保湿剤 ワセリンを水分補給の済んだ日焼け部分に伸ばしていきます。

 

さらにひと工夫加えて、上からラップを巻くのも これは湿潤療法と言って、傷を乾かさないで自己治癒能力を高める方法です。

 

また、乾燥を防ぐことにより痛みを和らげる効果もあります。日焼けによる火傷を治そうとする身体の働きを助けることで、より早く、キレイに炎症をしずめることができるのです。

 

3:身体の内側から水分と栄養素を補給する

水分補給は身体の外側からだけではなく、内側からも必要です。

 

ひどい日焼けした場合はなるべく意識して多くの水分を摂るように心掛けてください。

 

さらに、皮膚の再生を促す栄養素を持つ食品を摂るようにしましょう。

 

具体的にはビタミンA、B2、B6、C、E、亜鉛、たんぱく質などです。

 

 

ビタミンAを多く含む食品
鶏レバー、モロヘイヤ、にんじん、卵、小松菜など

 

ビタミンB2を多く含む食品
レバー、卵、納豆など

 

ビタミンB6を多く含む食品
生ニンニク、鳥肉、レバー、カツオ、ジャガイモ、バナナなど

 

ビタミンCを多く含む食品
ピーマン(特に赤ピーマンと黄ピーマン)、ゴーヤ、キウイフルーツ、アセロラジュース、緑茶など

 

ビタミンEを多く含む食品
いくら、たらこ、めんたいこ、モロヘイヤ、大根の葉、赤ピーマン、しそなど

 

亜鉛を多く含む食品
生ガキ、豚レバー、牛肉、たまごなど

 

たんぱく質を多く含む食品
しらす干し、いくら、焼あじ、まぐろの赤身、鶏ささみなど

 

 

 

 

また、肌の再生には良質な睡眠が重要です。日焼けが落ち着くまでは特に規則的な生活を心掛けて、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

 

4:ひどい日焼け後にしてはいけないこと

美白化粧品を使ったスキンケアは一旦お休みに

もしひどく日焼けをして、顔がピリピリする、ほてりが取れないという場合は、美白化粧品はいったんお休みにしましょう

 

美白化粧品の中には、肌がぴりっとする刺激の強い成分が入ったものもあり、余計肌に刺激を与える事もあります。

 

日焼けした肌はバリア機能が低下し、とても敏感になっています。まずは肌の炎症を抑えることが大切。

 

ひどい日焼けをした時は、美白ケアは肌が落ち着いてから行うようにしてくださいね。

 

ひどい日焼けの状態でシートマスクを使う場合は、美容成分の少ないものを

先ほどシートマスクでほてりを抑える方法をお伝えしましたが、顔の炎症が収まっていない状態では、美容成分がたっぷり含まれたシートマスクを使うことも避けたほうがいいでしょう。

 

コットンやシートマスクに含ませるのは水分補給のためのローションだけにしておくほうが無難です。

 

パッティングもNG

炎症が起きている状態でパッティングをすると肌に負担をかけます。水分補給するときは手で優しく押さえるようにします。

 

バリア機能が低下した肌に刺激を与えるのはNGです。掻いたり皮を剥いたりするのも肌への刺激になります。

 

かゆみや乾燥を感じたら、優しく洗って日焼け後のスキンケアを繰り返しましょう。肌状態が落ち着くまでは、水分補給と保湿に専念してくださいね。

 

うっかり日焼けをしてしまったら、適切なケアをして素早く元の状態の肌に戻すことが大切です。肌は約28日で生まれ変わります。

 

炎症が落ち着いたら美白効果のあるビタミンC誘導体などで肌のお手入れをする事をおすすめします。

 

数日で肌のトーンアップも

 

日焼けのリカバリーに使える!

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ