ビタミンC誘導体 APIS 効果

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

 

「ビタミンC誘導体が肌に良い」と、ご存じの方はきっと多いですよね。

 

ビタミンC誘導体にはいくつか種類がありますが、APISは最新型ビタミンC誘導体と呼ばれるものです。

 

 

私は、APIS化粧品を2ブランド使用しています。(1つがグラングレースローション、2つめがシーボディ。)

 

今までのビタミンC誘導体と比べると、私が使用した2点のAPIS化粧品は、良くも悪くも効果の出方が強かったと感じました

 

私が使って良かったAPISビタミンC誘導体は次の1点↓

 

グラングレースローション

濃厚なエイジングケア化粧水

総合評価:
使用年齢:40代前半〜
特におすすめの悩み:シミ、くすみ、シワ、たるみ、毛穴の開き

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

 

 

 

 

 

 

APISビタミンC誘導体とは?どこが優れている?

 

すずらん
APISは、現在あるビタミンC誘導体の種類の中で、最も浸透力が高いため、効果が早い・化粧品では難しい、シワやたるみ、ニキビ跡にも効果を発揮しやすいという特徴があります。

 

そもそもビタミンC誘導体とは?

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

 

シミ、くすみ、シワ、たるみ、ボツボツ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみなど加齢や皮脂過剰などによる肌トラブルを解決するビタミンC。

 

美肌に良い成分ながら、しかしビタミンCは自体が壊れやすく酸化、劣化しやすく肌に浸透しづらいという欠点があります。

 

この欠点を無くす為に作られたものがビタミンC誘導体。一度、肌に浸透させた後ビタミンCに変換されるため、肌の中でビタミンCとして働いてくれる成分です

 

水溶性、油溶性ビタミンC誘導体の欠点を補った両親媒性ビタミンC誘導体APPSとAPIS

ビタミンC誘導体にはもともと2種類ありました。

 

1:水溶性ビタミンC誘導体

メリット:即効性が高い
デメリット:持続性が短くまた浸透力が低い。刺激が強めで肌が乾燥しやすい

2:油溶性ビタミンC誘導体

メリット:持続性が長い。浸透力が高い。刺激は弱め。
デメリット:即効性が低い。肌に浸透してからビタミンCへ変換されるまで時間がかかる。

 

この水溶性と油溶性、2つの長所を取り入れたものが両親媒性ビタミンC誘導体。

 

APPSとAPISが両親媒性ビタミンC誘導体にあたります。

 

先に作られたものがAPPSで、現在、商品が多いのもAPPS。

 

APPSは即効性、持続性、比較的低刺激といったメリットがあり、特に浸透力は従来のビタミンC誘導体の100倍ほどあるため、真皮層に届き、コラーゲンの生成力が6倍にもなるといわれています。

 

やや不安定なのがAPPSビタミンC誘導体のデメリット

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

 

APPSは、私も何度も使っているビタミンC誘導体です。

 

使用している分には特に問題なく感じていますが、よく指摘されるのはAPPSは成分が不安定という事。

 

直射日光や空気、熱に弱いといった特徴があります。そのため遮光瓶や冷暗所での保存が必要なビタミンC誘導体です。

 

開封後もなるべく早く使う必要があります。

 

また肌の中でビタミンCに変換するのは、水溶性ビタミンC誘導体よりも時間がかかるといった面もあります。(ただ油溶性ビタミンC誘導体より早い)

 

APPSよりも効果が高いと言われるAPISビタミンC誘導体

従来のビタミンC誘導体の100倍もの浸透力のあったAPPSよりもさらに浸透力が高いのがAPISビタミンC誘導体(正式名称:イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)。

 

APPSと同じ両親媒性ビタミンC誘導体ですが、安定性がありAPIS浸透力はAPPSの2倍、従来のビタミンC誘導体と比較して200倍もの浸透力があります。

 

また、肌の中でビタミンCに変換される際に必要とする酵素がAPPSよりも少なく済む為、APISの方がAPPSよりも効果が出るのが早い、無駄なくビタミンCパワーが得られるというメリットがあります。

 

 

APISビタミンC誘導体の効果

 

最初にも書いたシミ、くすみ、シワ、たるみ、ボツボツ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみなどの悩みに効果を発揮します。

 

特にAPISは他のビタミンC誘導体と比べて、効果が早い事、真皮層まで届きコラーゲンの生成をするので、たるみ、シワ、ニキビ跡への効果がとても高いといった事があげられます。

 

なるべく早く効果を出したい、という人には特に助かる成分です

 

 

 

 

実際、APISビタミンC誘導体配合の化粧品を使ってみて

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

 

私は人気が高いグラングレースとシーボディのAPIS化粧品を使ってみましたが、実際、肌に働きかける力は強く、効果も高いと感じています。

 

ただ、それがAPISだけの働きかどうかというと、よくわかりません

 

というのも、APISを配合した化粧品は単にAPISだけを売りにしているのではなく、

 

グラングレースであればエイジングに悩む人に作られているので、セラミドやヒアルロン酸など高保湿な成分も豊富に入っているからです。
またシーボディVCシリーズはニキビ用なので、皮脂過剰を抑えるビタミンCを抑える成分も含まれています。

 

だから、効果は高いけれども、APISだけの力ではないと思えるんですよね

 

APISが配合された化粧品は、肌の悩みが深い人向けに作られている傾向にあるので、APISと他の成分の力で効果が高く出ている、と私は感じています

 

 

私が使ったAPISビタミンC誘導体の感想☆

 

グラングレースローション

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

 

保湿力 低刺激

特におすすめの悩み:シミ、くすみ、シワ、たるみ、毛穴の開き

 

これは使ってものすごく良かったAPISビタミンC誘導体配合の化粧水です

 

肌につけると細かくて白い泡がついて最初驚きましたが、これはビタミンC誘導体によるもの。

 

シワ、たるみ、乾燥などエイジングケアに悩む人に作られているので、40代で乾燥肌の私にはまさにぴったりです。

 

使用後3日目には、前日すっぽん食べたっけ?と思うくらい肌が柔らかく

 

顔の老化が気になるという方におすすめです。

 

グラングレースローションの効果と口コミ>>

 

シーボディ VCシリーズ

APISビタミンC誘導体の口コミ。効果とAPPSとの違いは?

保湿力 低刺激

特におすすめの悩み:ニキビ(跡)、シミ、毛穴の開き、黒ずみ

 

APISで評判が高かったので使ってみたシーボディーのVCシリーズ。

 

美白目的で使ってみましたが、美白よりも皮脂が多い人向けで自分には刺激が強く保湿が足りませんでした。

 

私が乾燥肌で皮膚も強くないので、そう感じるのかもしれません。

 

ただ、長年ニキビに悩んでいた方にはとても評判の高いビタミンC誘導体化粧品です

 

脂性肌の人はそのまま使っても大丈夫だと感じますが、肌が乾燥してしまう人が使う場合は、保湿をしっかり行いながらの使用をおすすめします。

 

 

 

ビタミンC誘導体?のAPPSが含まれている化粧水について質問です。 たとえばドクターシーラボのVC100エッセンスローションというものはAPPSが高濃度200%配合されていると謳っていますが、かた や美容皮膚科などで処方されているAPPS化粧水は1%含有とかそういうレベルのものばかりでこの差は何なのかとても不思議に思いました。

ビタミンC誘導体?のAPPSが含まれている化粧水について質問です。た... - Yahoo!知恵袋

TOPへ