冷え性 皮膚が薄い 赤ら顔 セラミド

皮膚が薄い冷え性の<赤ら顔>こそおすすめのセラミド化粧品

私の赤ら顔の場合、セラミドと相性が良かったです♪

皮膚が薄い冷え性の<赤ら顔>こそおすすめのセラミド化粧品

寒い所から暖房の効いた部屋に入ると、顔が真っ赤っか。

 

私は万年、赤ら顔というわけではないのですが、

  • 皮膚を少し触るだけでも赤みが出て、エステやコスメカウンターで驚かれる
  • 気温の寒暖差で顔がほてる
  • ジムで運動するとクラスの誰よりも顔が真っ赤になる
  • 緊張や恥ずかしさで赤くなる(赤面症でもあります)

・・・という肌。

 

頬は赤いのに血行が悪いためクマもあります

 

ですが、ある時「そういえばここ数年、赤ら顔の症状がずいぶん収まったな」と思ったんですね。

 

赤ら顔の事を調べていて、思い当たるのがこちらの2つ。

皮膚が薄い人に多い、肌のバリア機能低下を防ぐ<セラミド入り化粧品>を使っていた
血行を促進し毛細血管にアプローチする化粧品を使っていた

 

 

この2つの機能をもつ化粧品を、私は特に赤ら顔を意識して使っていたわけではありません。

 

でも赤ら顔化粧品の事を調べていたら、この2つの機能を兼ね備えているものがいくつかありました。

 

1と2の化粧品がなぜ赤ら顔に効果的?

皮膚が薄い人に多い、肌のバリア機能低下を防ぐ<セラミド入り化粧品>を使っていた

 


皮膚が薄くてちょっとした刺激で赤みを帯びやすい私のような肌は、水分を蓄えにくくバリア機能が衰え気味です。これは、肌のバリアを作る際に接着剤として働くセラミドが先天的に不足しているから。

 


そのため、敏感肌の人や乾燥肌は積極的にセラミドを配合した化粧品をとった方が良いといわれています。

 

赤ら顔専用の化粧品を見ると、セラミドで弱い肌バリアを強化しましょうというものが多いのですが、私もセラミド重視でここ数年化粧品を使っています。

 

血行を促進し毛細血管にアプローチする化粧品を使っていた

 

赤ら顔の大きな原因に「毛細血管が拡張してしまう」というものがあります。

 

これは炎症が原因だったり皮膚温度の冷えが原因だったりするのですが、偶然、皮膚温度の冷えを防ぐ機能をもつ化粧品を使ってもいました。

 

 

すずらん
皮膚の摩擦による赤みや赤面症はいまだに人に指摘される事もありますが、気温の寒暖差で肌が燃えるように真っ赤になる事が、ここ数年ありません。

 

 

冷え性で皮膚が薄い<赤ら顔>が使って良かった化粧品

皮膚が薄い血行不良・冷え性の私が使って良かった化粧品はこちらです

 

白漢しろ彩

28日間の使用で86%の人の赤みが軽減!

皮膚が薄い冷え性の<赤ら顔>こそおすすめのセラミド化粧品

こちらは赤ら顔専用の化粧品です。私はだいぶ赤ら顔がよくなってから使用しました。

 

赤ら顔専用化粧品だけあって、ひろがってしまった血管にアプローチでき、赤みを軽減できるスピードが他の化粧品と比べて優れています

 

広がって伸びてしまった血管弾性を調整するプランクトンエキスが使われ、今症状が出ている赤ら顔に対処。

 

毛細血管拡張の予防には、血行を促進するショウガ根茎エキス、センキュウを使用し、肌のバリア機能アップにはセラミドを自ら作り出す成分を含みます。

 

白漢しろ彩はこんな赤ら顔におすすめ

  • 皮膚が薄い赤ら顔 ◎
  • 血の巡りが悪い毛細血管拡張赤ら顔 ◎
  • 炎症による赤ら顔 ◎
  • 今の赤みを早く軽くしたい人 ◎

 

アヤナス

 

ポーラオルビスグループ・ディセンシアから発売されているアヤナスは、赤ら顔専用の化粧品ではありません。でも数年間リピートしていて実際に自分の肌が良くなったと実感したお気に入りコスメです。

 

皮膚温度の低下を防ぐ朝鮮人参エキスや、肌冷えによる水分やカルシウムの流出を防ぐ海藻成分パルマリンやを配合し、冷えによる毛細血管拡張に悩む人にも使えます。

 

敏感肌専門ブランドで、特許を取得しているセラミドを使ったクリームは刺激から肌を守り強い肌を作り出すよう導きます。

 

アヤナスはこんな赤ら顔におすすめ

  • 皮膚が薄い赤ら顔 ◎
  • 血の巡りが悪い毛細血管拡張赤ら顔 ◎
  • 炎症による赤ら顔 ◎
  • 今の赤みを早く軽くしたい人 △

 

ウルウ(ULU)

皮膚が薄い冷え性の<赤ら顔>こそおすすめのセラミド化粧品

赤ら顔専用の化粧品。セラミド不足でバリア機能が落ち、炎症が起きて赤ら顔になりやすい人が使える化粧水です。

ウルルはこんな赤ら顔におすすめ

  • 炎症による赤ら顔 ◎
  • 皮膚が薄い赤ら顔 〇
  • 今の赤みを早く軽くしたい人 △
  • 血の巡りが悪い毛細血管拡張赤ら顔 x

 

SKIN&LAB ビタK レッドX トナー

皮膚が薄い冷え性の<赤ら顔>こそおすすめのセラミド化粧品

血液の流れをスムースにするビタミンkを配合した、赤ら顔化粧水です。乾燥肌の私は、もうちょっと保湿力が欲しかった。

 

※この赤ら顔化粧水はセラミド不使用

 

ビタK レッドX トナーはこんな赤ら顔におすすめ

  • 血の巡りが悪い毛細血管拡張赤ら顔 ◎
  • 炎症による赤ら顔 〇
  • 皮膚が薄い赤ら顔 △
  • 今の赤みを早く軽くしたい人 △

 

 

冷え性で皮膚が薄い赤ら顔の人が気を付けたい事

ふくらはぎを鍛えて冷え性対策

冷え性対策には、お風呂に入ったりウォーキングしたりなどたくさん方法がありますが、時間がとれない方も多いと思います。

 

私がそうなのですが、お風呂に長時間入っても温まりにくい身体で、お湯の中にいても身体の冷えを感じてしまい、入浴中は何度も追い炊きが必要です。

 

今でも冷え性対策は試行錯誤中ですが、比較的楽で良かったと思っているのが、かかとの上げ下げでふくらはぎを鍛える事。

 

身体は筋肉がつくと代謝力があがるため、血の巡りが良くなりますふくらはぎは筋肉がつきやすい上、血流や老廃物を流すポンプの働きもしてくれるので、一石二鳥!かかとの上げ下げなら、料理中や歯磨き中でもできるし時間をとらないですしね

 

 

皮膚を薄くしない事

私は父親ゆずりの皮膚の薄さで顔に赤みがでやすいのですが、生まれつき皮膚が薄くなくてもマッサージやピーリングで皮膚を薄くしてしまっている人もいます。

 

これはもったいない!

 

顔には毛細血管が集中しているため、皮膚が薄くなると透けてみえてしまいます。

 

皮膚が薄くなると、肌のバリア機能が衰えて炎症が起きやすくなり顔の赤みがひどくなる事があります。生まれつき皮膚が薄い人はもちろん、そうでない人も次の事を気を付けるようにしてください。

 

  • 肌には優しく触れる
  • 洗顔やタオルで摩擦を起こさない
  • 水やお湯で濡れたままにしない(バリアを強化するセラミドが失われます)
  • ピーリングを頻繁に行わない

 

すずらん
私は、まだまだ完全に顔が赤くなるのを防げているわけではありませんが、以前よりもかなり良くなっています。赤ら顔はどうしても人目に触れて恥ずかしさがありますよね。でも対策は可能なので、ぜひ参考にしてみてくださいね

皮膚が薄い、冷え性な赤ら顔におすすめのセラミド化粧品♪

白漢しろ彩

28日間の使用で86%の人の赤みが軽減!

皮膚が薄い冷え性の<赤ら顔>こそおすすめのセラミド化粧品

こんな赤ら顔におすすめ

  • 皮膚が薄い赤ら顔 ◎
  • 血の巡りが悪い毛細血管拡張赤ら顔 ◎
  • 炎症による赤ら顔 ◎
  • 今の赤みを早く軽くしたい人 ◎

 

 

TOPへ