資生堂

顔の赤みが気になったので、資生堂でカバー可能か聞いてきました

顔の赤みが気になったので、資生堂でカバー可能か聞いてきました

【この記事を書いた人】さくらさん/30代後半/オイリーよりのインナードライ肌

普段殆どすっぴんで生活しています。というのもメイクをしても顔の赤みやケバ立ち、そして毛穴の目立ちが気になり、結局落としてしまう事が多いからです。

 

でもいい加減、赤ら顔をなんとかしたいと思うようになった事と、もう30代後半と良い歳なのでそろそろちゃんとしたメイクの方法を知りたいのもあり、今回初めて資生堂のカウンターへ出向いてきました。

 

資生堂というと、とても高級なイメージや入りにくいというイメージがどうしても付いて回ったりするのですが、店員さんは意外と気さくに声を掛けてくださいました。

 

その勢いで基礎化粧に関する色々なお話が聞けたり、実際にメイクをして貰えるという体験が出来たりしたのでとても有難かったです。

 

顔の赤みカバーにはグリーンの下地を使用

肌診断や基礎化粧品の紹介もしていただいたのですが、まずは私が一番気になっていたのは「赤みのある肌」。

 

基礎化粧(化粧水・美容液で肌を整える)をして頂いた後、下地のグリーンを入れて貰いました。

 

ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロールベース UV(各4,300円/税抜)

 

顔の赤みが気になったので、資生堂でカバー可能か聞いてきました

 

こちらのコントロールカラーは、化粧下地の他にUVカット、更に肌の悩みにも答えてくれる優れもの。

 

美白化粧水に含まれている、美白有効成分m-トラネキサム酸が配合されています。

 

色はアイボリー、グリーン、ピンクの3種類用意されています。

 

私が塗って頂いたのはグリーン。赤みの目立つ肌にはグリーンを塗ることによって肌の赤みを抑え白く化粧ノリが良い肌にコントロールしてくれます。

 

塗りすぎてしまうと真っ白になってしまうので注意が必要です。

 

アイボリーもグリーンほど白くはならないものの、赤みを抑えてくれるそう。ちょっと手の甲に塗って頂いたところ、グリーンは白く、アイボリーは限りなく肌色に近い形で馴染んでくれます。そのまま上からおしろいを塗るだけでも良いみたい。

 

ピンクは黄色が強めの肌向け。明るい肌にしてくれるとの事です。

 

コントロールカラーにたどり着く前に、スキンケアしてもらいました

スキンケアを普段からきちんとしている人は、資生堂のコントロールカラーだけでも顔の赤みには良さそうです。

 

でもお手入れ不足の私は、顔の赤み以外、毛穴や肌のケバ立ちもあったので、以下、肌診断〜基礎化粧品でのお手入れもして頂きました

まずは肌診断

免疫力と水分量を測り、タブレット画面に診断結果が出るという機械がありました。

 

診断結果は…

 

  • キメが無い。
  • ハリが無い。
  • 免疫力が無い。
  • 水分量が少ない。

 

 

良い結果は出ないと思っていたけれどここまでとは驚きました。化粧品メーカーからしてみれば改善の余地がありすぎる肌、だそうです。

 

早速資生堂の店員さんによる基礎化粧を施してもらう事に。

 

基礎化粧品で肌を整えてもらった

顔の赤みが気になったので、資生堂でカバー可能か聞いてきました

 

まず化粧もしていないすっぴんの肌に付けて頂いたのはホワイトルーセント ルミナイジング インフューザー(150ml・5,500円/税抜)です。

 

こちらは美白化粧水。メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防いでくれます。

 

また、2005年に資生堂独自が開発した「m-トラネキサム酸(メラノサイトの活性化を効果的に抑える効果がある)」といった厚生労働省から認可された美白有効成分が配合されています。

 

コットンでスルスル〜っと滑らせて貰うと、すぐに馴染んでサラッとした肌になり気分もさっぱりします!

 

この成分は上記で顔の赤みに使ったコントロールカラーの方にも入っております。

 

拭き取る様に化粧水を染み込ませた後は、美容液のアルティミューン パワライジング コンセントレート(30ml・8,000円/50ml・12,000円/税抜)を使いました。

 

こちらの美容液、第一印象はとにかく香りがとても良い!

 

肌に付けて貰った瞬間からフワッと漂うフローラルのような香りについ「凄く良い香りです」と口から零れてしまいました。

 

それもそのはず、公式サイトを覗いてみるとリラックス感がある心地よい香りのグリーンフローラルと記載されおり、お話によるとアロマ効果もあるそうです。

 

こちらは店員さん曰く「18秒に一個売れている」という人気商品。@コスメではベストコスメアワード2015でベスト美容液・ブースター部門で堂々の第一位!

 

お値段を見れば分かる通り、結構な額ですが、それを上回って大人気のようです。

 

指で30秒くらいマッサージしてもらうと、それだけで気持ちよく、グングンと肌に染み渡って、もっちりした潤いとハリ、しっとり感が出てきました。

 

マッサージを加える事によって肌の免疫力を上げ、血行促進効果もあるため肌を保護してくれます。

 

また、顔に付けた瞬間に華やかな香りに包まれてアロマテラピーも味わえ、幸せ気分です。

 

これは皮膚のターンオーバーを促すようにマッサージする目的で使っても良いでしょうし、外部からの刺激からの免疫力も上がるので、安めの基礎化粧にこちらを加えて使っても良いかもしれません。

 

続いてシミ・ソバカスを防いでくれるホワイトルーセント マイクロブライトニング スポッツコレクター(30ml・11,000円/税抜)を使用。

 

 

こちらの商品はシミ・ソバカスを防ぐだけではなく、メラニンの排出がスムーズにされるように潤いで満たしてターンオーバーを促してくれるというもの。更に日中の乾燥や紫外線も防いでくれる美容液です。

 

顔の赤みが気になったので、資生堂でカバー可能か聞いてきました

 

そして最初にご紹介したコントロールカラーを乗せてファンデーションを付けて貰います。

 

ここまででかなり肌の質がしっとりと変わり、色が明るく華やかになりました。

 

仕上げのファンデがとても優秀!

顔の赤みが気になったので、資生堂でカバー可能か聞いてきました

 

グリーンのおかげで赤みが抑えられて白い肌になったので、色を調節するために仕上げに入ります。

 

使用したファンデ→シンクロスキン グロークッションコンパクト(レフィル各3色・4,300円/ケース別売り・1,200円税抜)。

 

朱肉のようなタイプのリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの間を取ったような珍しいタイプのファンデ。

 

スポンジの中に液体が入っていて完全に朱肉感(笑)こういうファンデーションは初めて見たので思わず声が出てしまいました。

 

パフに付けてトントンして貰うと、今まで目立っていたシミやソバカスが綺麗に隠れる!ついでにケバ立ちも無い。

 

乾燥する場所に常時待機しているCAさんの口コミで広まったかなり優秀ファンデのようです。

 

職業を考えるとあまりヨレたり、化粧直しする必要も無いのかもしれませんね。おしろいも不要なので手間も省けます。

 

この商品は色が3色しかなく、私が塗って貰ったオークル20も見た目より明るめの色で発色しました。種類は少ないけれどパウダーのように張り付くといった事が無いので、塗り方によってはすっぴんメイクができそうな気はします。

 

しっかりと基礎化粧から下地、ファンデーションを重ねていったにも関わらず、薄付きのような透明感が出て、マットな陶器肌になりました!

 

赤みが気になるお客さんは結構相談に来るそうですが、今はファンデーション一つだけでもその効果を抑えてくれると店員さんは仰います。

 

最後の仕上げにチークとグロスを薄く塗って貰って終了。

 

自分でやるとどうしても「化粧しました!」という感じが出てしまうのでお店で勉強させて頂けてとても良かったです!

 

顔の赤みが気になったので、資生堂でカバー可能か聞いてきました

 

最後は朝晩の基礎ケアのサンプルも頂いてホクホク。

 

私の時はプリンターの調子が悪かったみたいで頂く事が出来なかったのですが、本来は最初に計って貰った水分量などを計測した紙を頂く事が出来るそうです。

 

資生堂の化粧品はどれも良いお値段がしますし、自分の肌に合う合わないもあると思います。

 

コスパを考えるとどうしても無理かもしれない…と私を含め色々な方がそう感じているかもしれません。

 

ですが、傍にコスメカウンターがある地域に住んでいらっしゃる方は是非一度足を運んで頂けたら、と今回初めて自分が行ってみてそう思いました。

 

自分の肌に合う自然な色は何色か、第三者的な目で見た自分の肌はどう映っているのか、肌の水分量が気になる、ケバ立ちや赤みが気になる…などなど。

 

メイクのプロに聞いて自分の知識にするのも勉強になると思います!

 

TOPへ