ビタミンC誘導体 効果

ビタミンC誘導体化粧品。効果が出やすい悩み順は?

シミ、シワ、ニキビ、ニキビ跡などあらゆる肌トラブルに良いビタミンC誘導体。

 

洗顔の後に毎日使うと肌の調子が変わってくるので、スキンケアには外せないアイテム

 

自分の体感的には、ビタミンC誘導体は次の番号順で効果が出やすいと感じています。

 

 

1:ニキビ・大人ニキビ・ニキビ跡・吹き出物・鼻の角栓

ビタミンCには皮脂を抑制する効果あり、ニキビができる原因となる皮脂過剰を防ぎます。

 

私はビタミンC誘導体化粧水を使っていたら、ニキビが徐々に小さくなっていった事があります。

 

顔の皮脂がしょっちゅう出てくる、ニキビが頻繁にできる・・・という人には、ビタミンC誘導体は真っ先におすすめしたい成分

 

皮脂を抑える力が強いので、鼻の角栓にも使えます。

 

2:毛穴の黒ずみ

抗酸化作用が強いビタミンCは、皮脂が酸化する事で出来る毛穴の黒ずみにも効果的です。

 

3:美白、シミ、くすみ

 

ビタミンCはメラニンの生成を抑える作用と還元作用があります。

 

簡単に言うと、シミやくすみの予防をし、また出来てしまったシミやくすみにも効く、という事

 

強烈に肌を白くする成分ではないですが、徐々に肌色が変わってくるので、夏は特に毎日使いたくなるはずです。

 

4:肌のハリ、毛穴の開きなどアンチエイジング、ニキビ跡

 

ビタミンCはコラーゲン生成により肌をふっくらさせ、押し上げます。

 

そのため、たるんで開いた毛穴や、弾力がなくなってきた肌にも効果があるといわれています。

 

コラーゲンの生成により傷を修復する働きもするので、顔に残っているニキビ跡にも

 

皮脂を抑えるので毛穴の引き締めにも効果的です。

 

老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用が高いので、アンチエイジング全般に!

 

 

ビタミンC誘導体化粧品を使う時に注意したいこと

 

ニキビに効果が出やすい事から分かるように、皮脂を抑える効果が高いので、肌が乾燥する事があります。

 

特に水溶性ビタミンC誘導体や、濃度の高いビタミンC誘導体は肌が乾燥しがち

 

私自身も、ニキビ専用に作られたビタミンC誘導体とはあまり相性が良くありません。もともと乾燥肌なので、あまりビタミンCの力が強すぎると肌が乾いちゃう

 

でも、保湿成分も一緒に含まれたビタミンC誘導体や、いつもより丁寧に保湿を心がけると、問題なく使う事ができます。

 

なんといっても、肌が明るくなり内側からハリが出るので、30代以降の年齢肌にはビタミンCは心強い味方

 

乾燥肌で保湿不足が気になる方は、水溶性と油溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体(APPSやAPIS)が、肌なじみがよく使いやすいのでおすすめです。

 

TOPへ